English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
 

 

 
 
新着情報
 
 
Google カルチュラルインスティテュート
 
当館の所蔵する主要な資料131点や館内の様子を高精細画像でご覧いただけます。
※国宝「短刀 銘 備州長船住景光」(謙信景光)のギガピクセル画像もお楽しみいただけます。
 
プロモーションビデオ(YouTube)

注目コンテンツ

スタッフブログ 
 
ミュージアムヴィレッジ大宮公園
埼玉県博物館連絡協議会
 
埼玉県教育委員会メールマガジン 教育さいたマガジン
     
      
     
 

常設展の見どころ

美術展示「慈光寺経と小水麻呂経」
  4月23日(火)~6月9日(日)※会期中展示替あり <常設展示室 第4室
  ときがわ町の慈光寺に伝わる国宝「慈光寺経」と、
  関東最古の写経である「小水麻呂経」を展示します。
  
    国宝 法華経一品経 序品第一(部分)

特集展示「渋沢栄一と埼玉の近代」
  4月23日(火)~7月21日(日) <常設展示室 第9室
 現在の深谷市に生まれ、日本近代化の父と称される実業家、
  渋沢栄一(1840~1931)の生涯とその業績を、当館の収蔵資料の中から
  紹介します。  ※展示資料一覧はこちら
    晩年の渋沢栄一


コラム展示「魚をめぐる信仰」
  2月5日(火)~7月21日(日) <民俗展示室(常設展示室第10室)
  日々の食卓に食材として登場する魚たちは、その外見や特徴、言い伝え
  などがもととなり、時として祈りの対象ともなりました。魚をテーマとした
  縁起物や飾りを御紹介いたします。 

季節展示「収蔵品紹介 清野謙次コレクション」
  5月14日(火)~7月7日(日) <季節展示室>
  清野謙次(きよのけんじ)は大正から昭和にかけて活動した病理学者、人類学者です。
  当館は清野が収集した考古資料等を約1900点所蔵しており、その大多数を占めるのは
  石鏃や石斧といった石器です。それら石器を中心に、コレクションの一部を紹介します。

  
常設展示室のご案内

※施設管理上、季節展示室 竹林(屋外)への立ち入りはご遠慮いただいております。
 ご了承くださいますようお願いいたします。
 
    ・・・休館日

 
 

収蔵資料データベース

埼玉県立の博物館施設収蔵資料データベースへ
            ※データベースサーバに接続しにくい場合があります。
              ご不便をおかけし申し訳ございません。
 

所在地・お問い合わせ先

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
Tel: 048-645-8171(学芸)
        048-641-0890(管理)
Fax:048-640-1964
 

copyright (c) 2010 Saitama Prefectural Museum of History and Folklore All rights Reserved.  当サイト内の画像等の無断利用を禁じます。