トップページ > 展示案内> 特別展・企画展> 過去の特別展> 特別展 誕生武蔵武士 

 
 
 特別展
誕生 武蔵武士
 

●展示概要

10世紀から12世紀は古代から中世への転換点であり、さまざまな変化が起きた激動の時代でした。公地公民制の律令体制が崩れ、「扶桑略記(ふそうりゃくき)」の昌泰(しょうたい)3年(900)の「武藏国強盗蜂起」という言葉に象徴されるように、治安も悪化していきました。
そのような状況の中、自立した小武士団(党)がいくつも生まれ、保元・平治(ほうげん・へいじ)の乱、治承・寿永(じしょう・じゅえい)の乱を経て、最終的に彼らは鎌倉幕府を開く原動力として重要な役割を果たしました。
この特別展では、この時代の武藏国内の特徴ある遺跡の出土遺物を中心に、多方面の資料から中世成立期の武藏を探ります。
 

●開催日時

平成21年1月31日(土)~3月15日(日) 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時00分まで)
 ※月曜日は休館となります

 

●主催

埼玉県立歴史と民俗の博物館・文化庁
 

●会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室
 

●観覧料

一般600円、高校・学生300円
中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳等をお持ちの方は無料です。

 

●主な展示資料

 九条殿記・中右記・秀郷草子(宮内庁書陵部)
 鋳銅経筒(県指定文化財/平澤寺)
 甲冑金具/号避来矢(ひらいし)(重要文化財/佐野市唐澤山神社)
 源平合戦図屏風(当館)
 太刀銘長光(重要文化財/鶴岡八幡宮)
 京都市法住寺殿跡出土品鍬形(くわがた)・轡(くつわ)(重要文化財/木下美術館)
 銅造阿弥陀如来及両脇侍立像(重要文化財/向徳寺)
 さいたま市氷川神社東遺跡出土品(市指定文化財/さいたま市教育委員会)
 上里町中堀遺跡出土品(埼玉県教育委員会)
 河越館跡出土品(川越市教育委員会)
 
 

●関連事業


■関連事業1 雑誌「武蔵野」創刊90周年事業(主催:武蔵野文化協会)/2月7日(土)

  ①講演会 「鎌倉武士と女性」
         時間:午後1時~2時30分
         講師:彦由 美枝子氏(政治経済史学会会長)
         会場:博物館講堂
   
  ②公演会 「平家物語を語る-実盛・直実・先帝-」
         時間:午後2時45分~3時45分
         出演:千賀 ゆう子氏(女優・演出家)
              水野 俊介氏(楽士) 他
         会場:博物館講堂
                  
         定員:70人(①②セット・先着申込順)
         費用:700円(①②セット・特別展観覧の場合は特別展観覧料が必要です)



■関連事業2 特別展講演会「平将門の乱と武蔵国」
  
  
日時:3月8日(日) 午後1時30分~3時
      講師:川尻 秋生氏(早稲田大学文学学術院准教授)
      会場:博物館講堂
      定員:150人(先着申込順)
      費用:無料(特別展観覧の場合は特別展観覧料が必要です)
      申し込み:1か月前(2/8)から電話受付(048-645-8171)

 
■関連事業3 友の会講演会「源平内乱前夜の武蔵武士団-横山党と秩父党をめぐる2つの事件から-」

  日時:3月14日(土) 午後1時30分~3時
      講師:木村 茂光氏(東京学芸大学教育学部教授)
      会場:博物館講堂
      費用:無料(特別展観覧の場合は特別展観覧料が必要です)
      申し込み:1か月前(2/14)から電話受付(048-645-8171)

  
■関連事業4 学芸員による展示解説
  
  日時:2月1日(日)、15日(日)、28日(土)、3月15日(日)  午後1時30分~2時
      ※事前申し込みは不要です。特別展観覧料が必要です。
 
■関連事業5 「クイズに挑戦して武蔵武士博士になろう」
  
  日時:開館時間中毎日実施
     内容:特別展に関するクイズを出題します。
     ※事前申し込みは不要です。特別展観覧料が必要です。
 

●展示資料画像

 
 重文:甲冑金具「号避来矢」
/唐澤山神社蔵

 
赤糸威鎧(複製)/当館蔵
 
 
重文:京都市法住寺殿跡出土鍬形
/木下美術館蔵
 
中堀遺跡出土灰釉陶器
 /埼玉県教育委員会蔵
 
 
重文:銅造阿弥陀如来及両脇侍立像
/嵐山町向徳寺蔵
 
 
 
 
 
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964