English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
トップページ > 展示案内> 特別展・企画展> 過去の特別展> 特別展 日本の色彩 

 
 
 特別展
日本の色彩 藍・紅・紫
 

●展示概要

古代、冠位十二階が制定された際に、高位三色である紫、青、赤はそれぞれ紫草・藍・紅花を染料としたといわれ、江戸時代にはそれぞれ商品作物として栽培が奨励されました。
埼玉では、近世から藍を染料として羽生・加須周辺で「青縞(あおじま)」が、草加・八潮周辺では「長板中型(ながいたちゅうがた)」が行われていました。また、紅花は上尾・桶川周辺や入間地方で栽培が盛んとなり、上方や江戸市場でも知られた産物でした。
今回の展示では、埼玉にゆかりの深い藍と紅、そして古代から武蔵野に自生し、近世では入間地方で栽培されていた紫を中心に、「藍・紅・紫」の三色にまつわる様々な作品、伝統技術、歴史などを御紹介します。
 

●開催日時

平成20年2月9日(土)~3月23日(日) 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時00分まで)
 ※月曜日は休館となります (2月11日は祝日のため開館します)

 

●主催

埼玉県立歴史と民俗の博物館
 

●協力

桶川市歴史民俗資料館・全国青年印染経営研究会
 

●会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室 季節展示室
 

●観覧料

一般600円、高校・学生300円
中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳等をお持ちの方は無料です。

 

●主な展示資料

展示資料リストへ(PDF200KB)
※展示内容は入れ替えを行うことがありますので、必ずしも全ての資料がご覧いただけるとは限りません。御了承いただきますようお願いいたします。
 
 

●関連事業


■関連事業1 草木染め体験講座

  「紅花染め」
      日時 2月24日(日) 午後1時30分~
      内容 絹ハンカチの紅花染め
      講師 関根 訪氏(桶川市教育委員会)
      会場 歴史と民俗の博物館 ものづくり工房
      定員 30人
      費用 300円
      申し込み 定員に達したため締め切りました。ありがとうございました。
 
  「野草(草木)染め」
      日時 3月2日(日) 午後1時30分~
      内容 絹ハンカチの草木染め
      講師 峯 史仁氏(草木染め・組紐職人)
      会場 歴史と民俗の博物館 ものづくり工房
      定員 30人
      費用 300円
      申し込み 定員に達したため締め切りました。ありがとうございました。
  「藍染め」
     日時 3月9日(日) 午後1時30分~
     内容 未定(決まり次第御案内します)
     講師 相澤 享宏氏(藍染め職人)
     会場 歴史と民俗の博物館 ものづくり工房
     定員 30人
     費用 300円
     申し込み 定員に達したため締め切りました。ありがとうございました。
 
■関連事業2 印染(しるしぞめ)展示会
  
  
「日本の印染展~心技彩(しきさい)~」
      期間:3月4日(火)~3月23日(日)
      会場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 季節展示室
      内容:藍染の半纏や、浴衣・手ぬぐい・色鮮やかな大漁旗や武者幟、現代の広告幟など、
 
      昔ながらの染色から現代のハイテクな染色まで、様々な作品を展示します。
                 なお、3月22日(土)、23日(日)の2日間はこの展示をさらに拡大し、来館者の方が
      直接手にとってご覧いただけるように露出でも展示を行うほか、展示資料の解説や、
      作品の販売も行います。
       主催:全国青年印染経営研究会
 
■関連事業3 学芸員による展示解説

  2月10日(日)、2月23日(土)、3月16日(日) 午後2時から
      ※事前申し込みは不要です。観覧料が必要です。

  
 

●展示資料画像

 
 
藍染の小袖/国立歴史民俗博物館
 
筒描(つつがき)の蒲団地
/遠山記念館
 
 
 
化粧道具/伊勢半本店紅ミュージアム
 
 
紅花(こうか)屏風(部分)/山形美術館
 
 
紫根染(しこんぞめ)の着物
/秋田県立博物館
 
 
 
 
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964