English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
美術展示「円空仏」
  6月19日(火)~9月2日(日) <常設展示室 第4室
  全国を旅しながら、独特な造形の仏像を数多く制作した円空。埼玉に伝わる円空の優品をを紹介します。
   akibadaigongen
  秋葉大権現立像
 
トップページ > 展示案内> 特別展・企画展> 過去の特別展> 特別展 芸能絵巻-舞い踊り囃す- 

 
 
 特別展 芸能絵巻
ー舞い踊り囃すー
 

●展示概要

埼玉県には地域の生活文化に根ざした民俗芸能が数多く伝承しています。獅子舞・祭り囃子・神楽など、 県内各地に広く分布しています。これらの民俗芸能は人々の社会生活を営む祭りの場に発生し、長く人々の心を引き付けてきた身近な文化です。 郷土埼玉が育んできた数ある民俗芸能の中から、獅子舞・神楽・祭り囃子の資料を中心に紹介します。 重要無形民俗文化財「鷲宮催馬楽神楽」、「秩父祭り屋台行事と神楽」、重要無形民俗文化財「川越氷川祭りの山車行事」など埼玉県を代表する数多くの民俗芸能の、衣装や仮面といった関連資料を一堂に御覧いただきます。
 

●開催日時

平成18年4月29日(火)~6月11日(日) 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時00分まで)
 ※月曜日は休館となります
 

●主催

埼玉県立歴史と民俗の博物館
 

●協賛

株式会社 八木橋
 

●会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室
 

●観覧料

一般600円、高校・学生300円
中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳等をお持ちの方は無料です。

 

●関連事業


■関連事業1 記念講演会「埼玉の民俗芸能」

   5月21日(日) 13:30~15:00
       埼玉県に伝承する獅子舞・神楽・祭り囃子などの民俗芸能の種類と特徴、歴史を紹介し、
   合わせて民俗芸能の文化的意味を解説します。
       講師 國學院大學名誉教授 倉林正次氏
       申込み 5月1日(月)9:00から電話にて先着順にお申し込みを受け付けます。
       定員 150人
 
■関連事業2 展示解説
  
  
各日14:30~>
      定員 なし
      ・当日、直接特別展示室までお越し下さい。
     4月29日(土・祝)、30日(日)、
     5月3日(水・祝)、4日(木、祝)、5日(金・祝) 6日(土)、7日(日)、21日(日)、6月4日(日)
 
■関連事業3 歴史民俗講座 「三頭立て獅子舞の系譜」

  6月3日(土) 13:30~15:00
      講師 当館学芸員
      申込み 5月3日(水)9:00から電話にて先着順にお申し込みを受け付けます。
      定員 150人
 
■関連事業4 わくわくサタデーミュージアム「さんてこ囃子体験教室」

   5月13日(土) 10:00~12:00、13:30~15:30
       埼玉県北部に伝わる「さんてこ囃子」の太鼓・鉦の奏法を練習して演奏していただきます。
        対象 小中学生の他、一般の方も参加できます。
        講師 太鼓サークル「唐破風」の皆様
        申込み 5月13日(土)当日先着順
        定員 30人
 
■関連事業5 わくわくサタデーミュージアム「江戸囃子体験教室」
 
    6月10日(土) 10:00~12:00、13:30~15:30
         対象 小中学生の他、一般の方も参加できます。
         申込み 6月10日(土)当日先着順
 
■関連事業6 工芸実演「太鼓職人」
 
   5月28日(日) 13:30~15:30   
 

●展示資料画像

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この画像は県内各地の神楽・獅子舞・お囃子の様子と、今回の展示資料の一部です。
今回の特別展では衣装や仮面などの展示はもちろん、講演会・講座・体験教室・工芸実演も開催いたします。
ぜひお楽しみください。
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964