トップページ > 展示案内> 特別展・企画展> 過去の企画展> 天下をまわって1300年 お金がめぐる社会史 

 
企画展
天下をまわって1300年
お金がめぐる社会史
 

●展示概要

和同開珎がつくられてやがて1300年を迎えます。この機会に、当館に寄託されている旧埼玉銀行の貨幣コレクションを中心に、古代中国貨幣から記念コインまで、9万枚ものお金が入っていた埋納遺構やさらにお金にかかわる民俗資料など、身近なお金にまつわる企画展を開催します。お金の存在がうすくなった今日の電子マネーの時代に、お金のもつ長い歴史とその背景にあった社会の様子を、写真や映像もふくめたさまざまな資料から楽しくふりかえります。

和同開珎から江戸時代の大判小判、そして現代の記念コインまでの主要な貨幣。9万枚もの古銭が甕(かめ)に満載されていた府中市内から見つかった中世の埋納銭。昭和30年代から40年代の県内の様子を伝えるなつかしの『埼玉ニュース』も放映いたします。
 

●開催日時

  平成18年7月15日(土)~8月31日(木)
  (開催期間中も含め7・8月は午前9時から午後5時まで観覧できます。)
 ※月曜日は休館となります

 

●主催

埼玉県立歴史と民俗の博物館
 

●会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室
 

●観覧料

一般400円、高校・学生200円
中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳等をお持ちの方は無料です。

 

●関連事業


■関連事業1 歴史民俗講座「デポ-太古の宝箱」

  
7月17日(月・祝) 午後1時30分~3時 講堂
      講師 当館学芸主幹 田中英司
      申込み 6月17日(土)午前9時から電話にて先着順にお申し込みを受け付けます。
      定員 150人

■関連事業2 歴史民俗講座「埋められた銭貨を読む-埋納銭の話-」
  
 
 8月26日(土) 午後1時30分~3時 講堂
      講師 日本考古学協会会員 橋口定志 氏
      申込み 7月26日(水)午前9時から電話にて先着順にお申し込みを受け付けます。
      定員 150人
 
■関連事業3 学芸員による展示解説

  7月16日(日)、30日(日)、8月27日(日)、31日(木)
     午後1時30分から 特別展示室
      ※事前申込不要
  
■関連事業4 学芸員による展示解説
  
  日時:2月1日(日)、15日(日)、28日(土)、3月15日(日)  午後1時30分~2時
      ※事前申し込みは不要です。特別展観覧料が必要です。
 
■関連事業5 夏休み子ども体験教室「昔のお金を作ろう」
  
  8月8日(火) 午後1時30分~3時
     (申込み7月8日(土)午前9時から電話にて先着順にお申し込みを受け付けます。)定員40人 費用100円
 

●展示資料画像

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964