English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 

太平記絵巻 巻第一第1紙

 

資料名

太平記絵巻 巻第一(第1紙)

ふりがな

たいへいきえまきかんだいいち(だい1し)

作者

(海北友雪)

寸法

32.5X1452.3cm

年代

江戸時代
種別
形態
絵画・紙本着色・巻子装
文化財
の指定
埼玉県指定有形文化財

解説

鎌倉時代末期から南北朝の動乱の様子を記した軍記物語『太平記』を絵画化した合戦絵巻。全12巻で構成され、作者は海北友雪と推定されている。巻第一は、『太平記』巻一~三の内容を収め、後醍醐天皇の即位から赤坂城落城までを描く。第1紙では、文保2年(1318)後醍醐天皇が、即位する。天皇の御座所には、公家たちが集まる。