太刀 銘 景光 景政

 

資料名

太刀 銘 景光 景政

ふりがな

たち めい かげみつ かげまさ

作者

備前長船住景光、景政

寸法

長82.4 反2.4

年代

鎌倉時代 嘉暦4年(1329)
文化財
の指定
国宝

解説

この太刀は、武蔵国秩父郡を本貫とする武士・大河原時基が、新領地である播磨国宍粟郡三方西において作らせ、嘉暦4年(1329)に同国の広峯神社に奉納したものである。作者は備前長船派の刀工・景光と景政で、よくつんだ小板目に乱映りの立つ地鉄などに長船派の特徴がよく表れた、格調高い出来映えの名品である。銘文によって制作の背景などがわかることから歴史資料としても貴重なものである。