English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 


 

●展示概要

 
 子どもが楽しげに遊ぶ姿には心なごむものがあります。それは、いつの時代でも子どもの遊びをテーマにした
絵画が多く描かれてきた理由の一つでもあるように感じられます。
 今回の企画展では、江戸時代から昭和30年ごろまでの時代の子どもの遊びの情景を、数々の絵や写真で御覧いただくとともに、県内の遺跡から発掘された人形や玩具、博物館に収蔵されている民俗資料の中から県内各地で使われていた玩具などを併せて展示します。限られたスペースではありますが、展示の中のさまざまな時代・地域の「子どもの遊び」の世界を、「漫遊」すなわち気の向くままに歩いて楽しんでいただければ幸いです。
 

●開催日時

平成23年7月16日(土)~8月31日(水) 午前9時から午後5時00分まで(入館は午後4時30分まで)
※月曜日は休館となります。(ただし7月18日は祝日のため開館します)

 

●主催

埼玉県立歴史と民俗の博物館
 

●会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室
 

●観覧料

一般400円、大学高校生200円
中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳等をお持ちの方は無料です。

 

●関連事業


■関連事業1 公演 「ファンタジックな影絵の世界」
 
  日時 8月7日(日) 午後2時~午後3時

 目指すは鬼ヶ島!(影絵劇 「たろう」 )


      出演 影絵グループあけびの会
  演題 「ピーターパン」 「たろう」 「童謡の影絵」
      会場 当館 講堂
      定員 100人(当日会場にて受付、先着順)

      費用 無料
  ※展示をご覧いただく場合には、
    観覧料が必要です。
 
  ※彩の国だより7月号にて「費用400円」となっていますが、この金額は企画展(一般)料金であり、影絵劇は無料です。
  
  
日時 8月21日(日) 午前10時~  午後1時~
      会場 当館 講座室
      定員 各回とも20名
  費用 100円(材料費)
      申し込み 7月21日(木)から電話申込み受付、先着順
 
■関連事業3 学芸員による展示解説
  
  7月16日(土)・31日(日)、8月14日(日) ・28日(日) 午後2時から
      ※事前申し込みは不要ですが企画展観覧料が必要です。
 

●展示資料画像

 
国貞画 「子供遊び」/足立区立郷土博物館蔵
 
 
引札(雪と子供)/当館蔵 
 
 
 
 古代のあそびの図(『骨董集』より)/当館蔵
 
 
渡邉武夫画 「戦時生活絵暦」より
/埼玉県立近代美術館蔵
 
 
麻生豊画 「銀座復興絵巻」昭和21年第1巻(部分)
/当館 蔵 
 
 
川越市内出土の飯事(ままごと)道具
/川越市教育委員会蔵
 
 
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964