English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
美術展示「円空仏」
  6月19日(火)~9月2日(日) <常設展示室 第4室
  全国を旅しながら、独特な造形の仏像を数多く制作した円空。埼玉に伝わる円空の優品をを紹介します。
   akibadaigongen
  秋葉大権現立像
 
トップページ > 展示案内> 特別展・企画展> 過去の特別展> 特別展 職人のわざとカタ 

職人のわざとカタ-商品の誕生-

 

●展示概要

        

 
 
 職人は熟練の手業に加えて「型(カタ)」を用いることで、規格や品質のそろった製品である「商品」を大量に生産して日本の暮らしを支えてきました。本展示では「型」を用いた職人の「ものづくり」をテーマに、浴衣や印半纏、和傘、和菓子など衣食住に関わる品々や、人々の心を潤した雛人形や押絵羽子板、張り子人形など埼玉の職人が精根こめて作ったさまざな製品を型や製作工程品とともに紹介します。

 また、比較資料として文明開化の窓口「横浜」の職人が使った「船の碇」や「赤い靴(西洋靴)」の木型なども紹介いたします。熟練の「技」と使いこまれた「型」が織りなす職人の「ものづくり」の世界をどうぞお楽しみください。
 
 

●開催日時

平成24年10月6日(土)~11月18日(日) 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時00分まで)

休館日 月曜日(10月8日は開館)
 

●観覧料

一般600円、高校・学生300円
中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳等をお持ちの方は無料です。
 

●主な展示資料

 
「四季風俗図屏風」より傘職人と団扇職人
和菓子(落雁)の木型と製品
江戸木目込人形の工程品と製品 
菅原道真像「東風」
藍染め長板中型の型紙
武州だるまの木型
押絵羽子板「矢の根」
「大山独楽」の工程品
(神奈川県立歴史博物館蔵)
西洋船の碇の木型
(横浜市技能文化会館蔵)
 ※所蔵者の記載のない資料は全て当館蔵 
 

●関連事業

  講師:たなか じゅん氏(漫画家)
  演題:「ものづくりは楽しい~現代町工場のものづくり~」
  日時:10月28日(日)午後1時30分~3時
  会場:当館講堂
  定員:150名
  
申込:下記のいずれかの方法でお申し込み下さい(10月10日(水)締切)。応募者多数の場合抽選。
  
①往復はがき(10月10日(水)消印有効)
   
往信裏面に住所・氏名・連絡先電話番号、返信表面に住所・氏名を明記のうえ、当館まで。1枚につき1名のみ有効。
  
②埼玉県電子申請  
     
■民俗工芸実演
  「江戸木目込人形作り」  11月10日(土) 午前11時~12時、午後1時30分~3時
  「桶作り」          11月11日(日) 午前11時~12時、午後1時30分~3時
                 会場:エントランスホール いずれも当日受付、費用無料 
  
■ビデオ上映会
    「職人のものづくり①・②」    10月20日(土)、11月3日(土・祝) 午後1時30分~午後3時
                     会場:講堂

■展示解説
  10月6日(土)、14日(日)、21日(日)
  11月1日(木)、4日(日)、14日(水)、18日(日) いずれも午後1時30分~
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964