English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 

美術展示「旅のたのしみ」
  5月15日(火)~6月10日(日) <常設展示室 第4室
  初夏の行楽シーズン。美術作品に現れる旅のたのしみを紹介します。
    木曽街道六十九次 上尾宿 加茂之社

人物展示「本庄宿の豪商 戸谷半兵衛」※県立文書館共催
  4月24日(火)~7月22日(日) <常設展示室 第9室>
  中山道本庄宿に店を構え、江戸に出店を持つ関東有数の商家・戸谷家を紹介します。
   店卸帳
コラム展示「船大工」
  2月10日(土)~6月10日(日) <民俗展示室(常設展示室第10室)内
  民俗展示室は2月10日(土)に「水とくらし」をテーマにリニューアルオープンしました。
  第1回目のコラム展示「船大工」では、船造りの技術や道具の数々を紹介します。
   
  

常設展示室のご案内

※施設管理上、季節展示室 竹林(屋外)への立ち入りはご遠慮いただいております。
 ご了承くださいますようお願いいたします。
 
トップページ > 展示案内> 常設展> 旅のたのしみ 
美術展示室(常設展示室第4室)
美術展示「旅のたのしみ」

初夏の行楽シーズン。美術作品に現れる旅姿に旅の景色、行楽で広げる弁当箱…。江戸時代になると、多くの人は旅に出て、また行楽を楽しみました。美術に心得のある人々は旅姿を描いたり、旅の思い出を美術作品に残したりもしました。「旅」は様々なかたちで今も昔も人の心を惹きつけるものでした。

本特集では、こうした様々な旅のたのしみを紹介します。

 

●会期

休館日:月曜日

平成30515日(火)~610日(日)
 

●主な展示資料

一代黒田正玄、富岡鉄斎作竹棗

木曾街道六十九次の内

浦和・大宮・上尾・熊谷・鴻巣吹上・深谷・本庄

桐松蒔絵提重

鉄線蒔絵提重

将棋盤形弁当

唐人物蒔絵提重

葛飾北斎画 近江八景

小川破笠筆紙本着色芭蕉翁図

旅_画像3
 

●観覧料(展示室内)

・常設展観覧料 一般300円、高校生・学生150円
・中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人を含む)は無料
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964