English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
トップページ > 博物館紹介> 学芸職員紹介 
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館
館長 関 義則

今年度、館長として着任いたしました。専門は日本考古学(古墳時代)です。皆様の知的好奇心を揺さぶるような、より質の高いサービスの提供を目指します。

 
企画、学習支援、展示、資料調査・活用担当
副館長 田中 裕子

「埼玉ならではの価値」を発信する魅力的な博物館づくりを目指してまいります。

 
企画、学習支援担当
学芸主幹 新井 浩文

今年度から体験学習中心の学習支援と、関係諸機関との連携に関することを担当します。より多くの方々に親しんでいただける博物館を目指してまいります。専門は日本中世史(戦国時代)です。

 

企画担当

担当・役職

氏 名

専 門

主な担当業務など

学芸主幹加藤 かな子日本古代史主に周辺地域や、県内及び関東地区の博物館や美術館との連携に関する仕事を担当しています。
主任専門員兼学芸員
杉崎 茂樹日本考古学博物館の様々な魅力をお伝えできるよう、考えていきたいと思います。
学芸員戸島みづき日本古典文学イベントや広報、アンケートに関することなどを担当しています。来館者の皆様のお声をもとに、楽しく快適にご利用いただけるように努めてまいります。


 

学習支援担当

担当・役職

氏 名

専 門

主な担当業務など

学芸主幹西口 由子日本美術史ゆめ体験ひろばの運営と、博学連携の推進を担当しています。体験やものつくりを通して、歴史に興味・関心を高められるような体験ひろばをめざします。
担当課長佐藤 昌幸学校教育学校と博物館の連携を担当しています。藍染め体験などを担当し、各学校の職場体験活動・出前授業の申し込みも受け付けています。体験活動は様々な知識を得られるだけでなく、新しい発見をすることができます。ぜひ、ご利用ください。
担当課長國分 隆幸 学校教育 

学校と博物館の連携を推進しています。学校団体の受入の申し込みを受け付けています。楽しく体験しながら学ぶことができます。「本物を見ること・本物に触れること」の感動を味わいにきてください。ぜひ、ご利用ください。

主任専門員
兼学芸員
 
二階堂 実日本民俗学

藍染や勾玉づくり、江戸組紐など体験学習を担当しています。ゆめ・体験ひろば内の「ものづくり工房」・「昭和の原っぱ」でお待ちしています。

学芸員
村田 駿日本文学まが玉作りや火起こし体験を担当しています。ゆめ体験ひろばでお待ちしております。平安時代の文学と歴史を調査しております。
学芸員前田 伽南日本美術史十二単・小袿・男子装束の着装体験を担当しています。普段着ることのできない歴史衣装の着装体験は、子どもから大人まできっと楽しく体験しながら学べるはずです。ゆめ・体験ひろばでお待ちしています。


 
展示、資料調査・活用担当
主席学芸主幹 水口 由紀子

昨年度から展示と、収蔵資料の調査・活用の総括に関することを担当しています。より多くの方々に親しんでいただける魅力ある博物館を目指してまいります。専門は日本考古学(平安時代から鎌倉時代)です。

 

展示担当

担当・役職

氏 名

専 門

主な担当業務など

学芸主幹井上 かおり日本近代史近現代の展示を担当しています。今年度は明治改元から150年の節目の年。常設展示室第9室では埼玉の近代の歩みを御覧いただけます。
主任学芸員 池田 伸子日本美術史 今年度は主に常設展示室の美術展示を担当します。美術工芸品を見る、知る楽しさを伝えるため、展示を工夫していきたいと思っています。
学芸員根ヶ山 泰史日本中世史 

常設展示室第3・5・6室や中世史関係の展示などを担当しています。足を運ぶたびに新しい発見をしていただけるよう、展示内容を工夫していきたいと思います。

学芸員後藤 知美日本民俗学

今年度秋の特別展「ダムと変わる!私たちの暮らし」を担当しています。驚きと発見がある、楽しい展示作りを目指して頑張ります。

学芸員
中村 陽平日本近世史

企画展「古文書大公開!」の準備と、常設展示室(江戸時代)の展示・管理を担当しています。

主任専門員兼学芸員杉山 正司日本近世史特別展・企画展のサポートを担当します。専門は 歴史、主に近世交通史です
学芸員 堀口 智彦日本考古学 今年度は、常設展示室第1室、第2室の展示と管理、企画展「埼玉の官衙」などを担当しています。
学芸員 西川 真理子 日本美術史 特別展「東国の地獄極楽」の準備と、常設展示室第4室の展示・管理を担当しています。専門は仏教美術史です。
学芸員 尾崎沙羅日本考古学 常設展示室第1室の展示・管理等を担当しております。埼玉県に人々が住み始めた時代について、興味を持っていただけるような展示を目指します。


 

資料調査・活用担当

担当・役職

氏 名

専 門

主な担当業務など

主任専門員兼学芸員田中 正夫日本考古学博物館の使命である「資料の保存と活用」に携わっています。県民共有の貴重な財産である博物館資料を後世に伝えるべく努めてまいります。
学芸員佐藤 香里
近現代文化史 (美術史)
新収集品展、資料管理、裏方探検隊、紀要刊行等を担当いたします。
学芸員戸邊 優美
日本民俗学
資料管理や文化遺産活用調査事業を担当します。県民共有の財産である博物館資料を守り、活用できるよう努めてまいります。
学芸員濱田 翠保存科学収蔵資料の保存・管理や収蔵庫環境の管理を行っています。博物館資料を後世により良い状態で伝えていけるよう努めてまいります。