English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
トップページ > 展示案内> 常設展> 仏の姿 
美術展示「仏の姿」

 わが国に仏教が伝来して以来、その教えがいっそう広まることを企図して数々のすばらしい仏教美術が生まれました。
 人々は、本来であれば目に見えない仏の姿を写し取ろうと様々な工夫を凝らしました。

 このたびの展示「仏の姿」では、企画展「くらべる古美術」7/15~8/31)に関連して、「善光寺式阿弥陀如来」や「円空仏」
 などのテーマに沿ってくらべながら、多彩な仏の姿を御覧いただきます。         
                                                               (常設展示室第4室)
 
   

 

●主な展示資料

 ・梶田半古筆 釈迦帰郷(当館蔵)※前期展示

 ・重要文化財 銅造阿弥陀如来立像(神川町光明寺蔵)

 ・県指定文化財 円空作 役行者像(個人蔵)

 ・県指定文化財 円空作 役行者像(春日部市観音院蔵)

 ・さいたま市指定文化財 円空作 観音菩薩立像(さいたま市圓蔵院蔵)

 ※会期中展示替を行います。

 

 

●会期

 平成29620日(火)~平成29827日(日)

 休館日:月曜日(7月17日を除く)

 ※会期中、展示替えがあります。

  前期:620日(火)~723日(日)

  後期:725日(火)~827日(日)

 

●観覧料(展示室内)

  ・常設展観覧料 一般300円、高校生・学生150円
  ・中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人を含む)は無料
 

●問い合わせ

  埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
  〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
  TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964