トップページ > 展示案内> 特別展・企画展> 過去の特別展> 特別展 甦る鉄剣 
特別展「甦る鉄剣」
 

●展示概要

昭和43年、行田市埼玉古墳群の稲荷山鉄剣古墳礫槨から、鏡や挂甲・馬具類と刀剣類等の遺物が出土し、このうちの1本の剣から115文字の銘文が発見されました。これらの出土品は一括して国宝に指定され、特に銘文の刻まれた鉄剣は金錯銘鉄剣と呼ばれ、日本の古代史を解明するための重要な資料となっています。

この鉄剣を、作刀・研ぎ・象嵌の現代の匠達が約7年の歳月をかけて復元し、古墳時代の輝きを再現しました。復元された鉄剣を公開するにあたり、考古資料を中心に、歴史資料や民俗資料もあわせて展示し、あらためて金錯銘鉄剣を見直す機会になれば幸いです。
 

●主な展示資料

重要文化財 熊谷市上中条出土埴輪
(東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives)
重要文化財 摂津豊中大塚古墳出土短甲など
(豊中市教育委員会蔵)
職人歌合帖(当館蔵)

諏訪林古墳群出土大刀(美里町教育委員会蔵)小鍛冶図絵馬(久喜市久伊豆神社蔵)

《その他の主な展示資料》
 ・稲荷山古墳出土金錯銘鉄剣復元摸作
 ・重要文化財:新開1号墳出土冑・短甲(滋賀県教育委員会)
 ・都指定:野毛大塚古墳出土素環頭大刀(世田谷区教育委員会)
 ・神川町青柳古墳群南塚原58号墳出土象嵌大刀(神川町教育委員会)
 ・熊谷市大境古墳出土武人埴輪(熊谷市教育委員会)
 

●期間

平成26年10月11日(土)~11月24日(月・振休)9:00~16:30(観覧受付は16:00まで)
休館日:月曜日(ただし10月13日、11月3日・24日は開館)
 

●会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室
 

●観覧料

一般600円、高校・学生300円
中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人含む)は無料
 

●主催

埼玉県立歴史と民俗の博物館 文化庁
 

●共催

埼玉県立さきたま史跡の博物館

 

●後援

朝日新聞社さいたま総局、埼玉新聞社、産経新聞社さいたま総局、テレ玉、
東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、NHKさいたま放送局、
毎日新聞さいたま支局、読売新聞さいたま支局、FM NACK5、

 

●関連事業

●記念講演会Ⅰ「飾り大刀の世界」 ※終了しました
 日 時:11月8日(土)14:00~15:30 (13:30開場)
 講 師:瀧瀬 芳之 氏((公財)埼玉県埋蔵文化財調査事業団)
 
●記念講演会Ⅱ「日本列島における古墳時代武装の特色と武器武具の社会的役割」 ※終了しました
 日 時:11月15日(土)14:00~15:30 (13:30開場)
 講 師:古谷 毅 氏(東京国立博物館)

 Ⅰ、Ⅱとも
  会 場:当館 講堂
  費 用:無料
  定 員:150名
  申 込:Ⅰは10月4日(土)、Ⅱは10月11日(土)8:30から電話受付、先着順

●県民の日 復元鉄剣トークセッション ※終了しました
 日 時:11月14日(金)14:00~15:30
 会 場:当館 講堂
 費 用:無料
 定 員:150名
 申 込:10月14日(火)8:30から電話受付、先着順

●埼玉古墳群見学会
 日 時:11月22日(土)13:30~15:00 (13:00から受付)
 場 所:県立さきたま史跡の博物館・埼玉古墳群
 定 員:なし
 申 込:当日受付

●歴史民俗講座「東国経営を担った古代豪族」 ※終了しました
 日 時:10月18日(土)13:30~15:00 (13:00開場)
 会 場:当館 講堂
 定 員:150名
 申 込:9月17日(水)8:30から電話受付、先着順

●展示解説
 10月11日(土)・13日(月)・25日(土)、11月3日(月)・24日(月)
 いずれも13:30から約30分
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964