English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 

美術展示「旅のたのしみ」
  5月15日(火)~6月10日(日) <常設展示室 第4室
  初夏の行楽シーズン。美術作品に現れる旅のたのしみを紹介します。
    木曽街道六十九次 上尾宿 加茂之社

人物展示「本庄宿の豪商 戸谷半兵衛」※県立文書館共催
  4月24日(火)~7月22日(日) <常設展示室 第9室>
  中山道本庄宿に店を構え、江戸に出店を持つ関東有数の商家・戸谷家を紹介します。
   店卸帳
コラム展示「船大工」
  2月10日(土)~6月10日(日) <民俗展示室(常設展示室第10室)内
  民俗展示室は2月10日(土)に「水とくらし」をテーマにリニューアルオープンしました。
  第1回目のコラム展示「船大工」では、船造りの技術や道具の数々を紹介します。
   
  

常設展示室のご案内

※施設管理上、季節展示室 竹林(屋外)への立ち入りはご遠慮いただいております。
 ご了承くださいますようお願いいたします。
 
トップページ > 博物館紹介> 博物館のミッション(使命) 
 

■博物館のミッション(使命)

歴史と民俗の博物館の使命について 2007.06.27

 歴史と民俗の博物館は、埼玉の歴史と民俗に関する資料を収集・保管し、総合的に調査研究することにより、埼玉の地域的特性を明らかにし、その成果を展示公開・情報発信するとともに、県民の学習活動や交流の場となることにより、県民各層の心豊かなくらしと新たな文化の創造に寄与する博物館です。
 私たちは、博物館に携わるすべてのマンパワーと資源を駆使して、埼玉の魅力をアピールするとともに、県民と協働した生涯学習を推進する中核的生涯学習施設としての役割を果たします。

 1 県民共有の文化遺産である埼玉の歴史・民俗・美術工芸に関する資料を収集・保管・活用するとともに、調査研究して、次世代に継承します。

 2 埼玉の歴史と民俗に関する地域的特性を明らかにした調査研究の成果を展示公開するとともに、国内外に情報発信します。

 3 地域や学校と連携することにより、県民の参画と交流による学習の場として、埼玉の歴史や民俗に関する生涯学習や学校教育を支援します。

 4 県内の博物館ネットワークの中核的施設として、市町村の歴史・民俗系の博物館を中心に、その事業や活動を支援します。

 5 ボランティアやミュージアムクルーの育成・活用等を積極的に進めるとともに、様々な事業において、学校や地域社会の幅広い人材と広く連携・協働し、開かれた博物館活動を展開します。

 6 埼玉の歴史や民俗に関する資料を核にして県民が集い、交流し、活動するやすらぎと潤いのある快適空間を提供します。
 

■博物館評価

 埼玉県の博物館施設では事業やサービスについて、平成18年度から各館において、年度毎に自己評価を実施しています。
 評価には、外部の有識者や経験者、公募委員から御意見をいただき、業務の改善に活かしています。
 ここでは、自己評価の結果を公開し、博物館業務について広く知っていただこうとするものです。評価とサービスの在り方について、みなさまの御意見をお待ちしています。

 なお、平成18、19年度版の評価項目については試行版です。
平成28年度博物館施設評価集計シート .pdf(700KB)
平成27年度博物館施設評価集計シート.pdf(235KB)
 ∟全館共通項目チェックリスト.pdf(251KB)
 ∟館別独自項目チェックリスト.pdf(144KB)
平成26年度博物館評価.pdf(233KB)
 ∟必須項目チェックリスト.pdf(251KB)
 ∟独自項目チェックリスト.pdf(141KB)
平成25年度博物館評価.pdf(196KB)
 ∟必須項目チェックリスト.pdf(251KB)
 ∟独自項目チェックリスト.pdf(139KB)