English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館  

 
 
トップページ > 展示案内> 特別展・企画展 

 
令和元年度の特別展・企画展
 特別展「東国の地獄極楽」 終了しました
  2019年3月16日(土)~5月6日(月・振休)
地獄と極楽の観念は、仏教の死後の世界観として古来人々の関心を集めてきました。本展では、中世以降の東国における浄土信仰の広がりについて、埼玉県に関わる美術品や歴史資料を中心に探ります。

 企画展「北沢楽天と時事漫画」 終了しました
  2019年7月13日(土)~9月1日(日)
「時事漫画」は、漫画家・北沢楽天が中心となり、大正10年(1921)に創刊された新聞の日曜版付録です。政治をはじめ芸能、生活の知恵に至るまで、漫画や写真をふんだんに使った記事で人気となった時事漫画の魅力を紹介します。

 特別展「子ども/おもちゃの博覧会」 終了しました
  2019年10月12日(土)~11月24日(日)
いつの時代も、子どもたちとともにあった玩具。その時々の社会や世相が映し出された玩具からは、人々が子どもに向けたまなざしがうかがえます。江戸時代から戦後のさまざまな玩具をとおして、子どもをめぐる社会の移り変わりとその意味を探ります。

 企画展「縄文時代のたべもの事情」 予告
  2020年1月2日(木)~2月16日(日)
縄文時代の人々は、天然資源から多様な道具を生み出すことで、生活を営んでいました。それらの土器、石器、木製品などの紹介を通じ、当時の人々の食事情や、人と自然との関係を紐解きます。

 特別展「武蔵国の旗本」予告
  2020年3月20日(金・祝)~5月10日(日)
江戸時代、武蔵国には数多くの旗本知行所が置かれました。本展では、旗本の家や知行所内に開基・中興した菩提寺などに伝わるさまざまな歴史資料や美術品から、かつて埼玉を治めたお殿様「旗本」の実態に迫ります。