English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
トップページ > 収蔵資料> 収蔵資料紹介> ギャラリー> 押絵羽子板(裏絵) 
 

資料名

押絵羽子板(裏絵)

ふりがな

おしえはごいた うらえ

寸法

61.0×23.5×1.5cm

備考

羽子板の木地には、桐が用いられます。桐材は木地師のもとで、6月頃から半年ほどかけ自然乾燥されます。羽子板の形に木地を整えると、裏絵師のもとで絵が描かれます。多くの場合、大量生産を容易にするよう墨に淡彩が使われ単純なモチーフが描かれます。正月に題をとったものや、表にかたどられる人物にちなんだ画題が選ばれます。
ここでは松に朝日が描かれています。