資料名

汐汲(見立

ふりがな

しおくみ みたて

寸法

75.5×33.0×10.0cm

備考

歌舞伎中で行われる代表的な舞踏の演目「汐汲」を題材としたものです。
「汐汲」は能「松風」に拠るものです。松風と村雨という二人の姉妹の海女と、その姉妹を恋人とした在原業平の話が基礎となり、舞踏化されています。
このような美人の羽子板は、女の子の初正月に親の実家や親戚からの贈り物として好まれました。