English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 

企画展「縄文の空間-暮らしと願い-」

 

●展示概要

        

 今から約4500~2500年前の縄文時代後・晩期は、土偶などの特徴的な遺物が数多く作られる謎の多い時代でした。しかし、近年の発掘調査により「環状盛土遺構」と呼ばれる集落跡の存在や、水辺の利用など数多くの新事実が明らかになってきました。

 今回の企画展では、縄文時代後・晩期の「建物」、「墓地」、「水場」などさまざまな生活空間に注目し、当時の人々の暮らしを明らかにします。




ポスター画像の拡大版はこちら

 

●主な展示資料


(小川忠博氏撮影)

(小川忠博氏撮影)
県指定文化財 鴻巣市赤城遺跡出土土偶
(埼玉県教育委員会蔵)
県指定文化財 鴻巣市赤城遺跡出土人面付注口土器
(埼玉県教育委員会蔵)

  
 
重要文化財 桶川市後谷遺跡出土漆塗り櫛
(桶川市教育委員会蔵)
久喜市神ノ木2遺跡出土深鉢
(埼玉県教育委員会蔵)

               展示資料一覧はこちら(pdf
 

●会期

 平成29年3月18日(土)~5月7日(日) 9:00~16:30(観覧受付は16:00まで)
 休館日:月曜日(ただし、3月20日・5月1日は開館)
 

●会場

 埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室・季節展示室
 

●観覧料

 一般400円、高校・学生200円
 中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人含む)は無料
 

●主催

 埼玉県立歴史と民俗の博物館
 

●後援

 朝日新聞さいたま総局、埼玉新聞社、産経新聞社さいたま総局、テレ玉、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、
 NHKさいたま放送局、毎日新聞さいたま支局、読売新聞さいたま支局、FM NACK5

 

●関連事業

 ●記念講演会「縄文人の世代を超えた長期戦略」  ※終了しました
  日 時:4月15日(土)14:00~15:30 (13:30開場)
  講 師:古谷 渉 氏(公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団)
  会 場:当館 講堂
  費 用:無料
  定 員:150名
  申 込:3月15日(木)8:30から電話受付開始。(先着順)


 ●歴史民俗講座「もう少し話したい!企画展『縄文人の空間』」  ※終了しました
  日 時:4月29日(土・祝)14:00~15:30 (13:30開場)
  講 師:宮原 正樹(県生涯学習文化財課)
  会 場:当館 講堂
  費 用:無料
  定 員:150名
  申 込:3月29日(水)8:30から電話受付開始。(先着順)


 ●学芸員による展示解説
  3月18(土)・25日(土)、4月8日(土)・22日(土)、5月7日(日)
  いずれも13:30~14:00(事前申込不要)


 ●展覧会スタンプラリー
  実施期間:2月25日(土)~6月11日(日)
  参加施設:当館、埼玉県立さきたま史跡の博物館

  ※スタンプラリーの詳細はこちら

 ●(公財)埼玉県埋蔵文化財調査事業団の事業紹介
  期 間:3月18日(土)~5月7日(日)
  会 場:当館 季節展示室
 

●問い合わせ

 埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
 〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
 TEL 048-645-8171  FAX 048-645-7321