English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館  

 
 
いきもの図鑑
 古くから様々な木版の美術作品が作られてきました。浮世絵はその代表ともいえますが、その他にも多くの見逃せない木版作品が現存しています。
 本展示では、様々な木版作品の中でも、摺る行為や版木そのものにも価値を見いだす仏教版画や、江戸時代に配り物として制作された非売品の高級木版画である摺物(すりもの)をご紹介します。
(常設展示室第4室)

  
 

●会期

 平成29年5月16日(火)~6月11日(日) 
  ※休館日は月曜日です。

 

●主な展示資料

 ・重要美術品 十三仏版木(久喜市 甘棠院蔵)
 ・浄土双六(個人蔵)
 ・魚屋北渓画 富士と昇り竜(当館蔵)
 ・歌川豊広画 雪中の恵比寿と美人(当館蔵)
 ・葛飾北斎画 大黒・弁天・ゑび寿(当館蔵)  ほか

 
 

●観覧料(展示室内)

 ・常設展観覧料 一般300円、高校生・学生150円
 ・中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人を含む)は無料
 

●問い合わせ

 埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
 〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
 TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964