English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館  

 
 
特別展記念講演会の申込み受付中の案内画像                      
           E-mailでも申込み受付中!!
                                                                   E-mail   m4108905@pref.saitama.lg.jp
                   (「記念講演会申込」、氏名、お住まいの市町村、電話番号を明記してください)

お知らせ  令和元年10月22日(火・祝日)は、即位礼正殿の儀に伴う慶祝事業により、
常設展観覧料が無料、特別展観覧料が半額になります。
 

 
 
新着情報
 
 
Google カルチュラルインスティテュート
 
当館の所蔵する主要な資料131点や館内の様子を高精細画像でご覧いただけます。
※国宝「短刀 銘 備州長船住景光」(謙信景光)のギガピクセル画像もお楽しみいただけます。
 
プロモーションビデオ(YouTube)
ミュージアムヴィレッジ大宮公園
埼玉県博物館連絡協議会
 
埼玉県教育委員会メールマガジン 教育さいたマガジン
     
      
     
 

常設展の見どころ

特集展示「国宝公開 太刀・短刀」
  9月14日(土)~11月17日(日)<常設展示室 第3室
  当館が所蔵する国宝太刀・短刀、及びその兄弟刀(御物の写)を一挙に公開します。
     国宝の太刀と短刀が揃って当館で展示されるのは約4年ぶりとなります。
【関連展示】
 「川越藩ゆかりの刀工・藤枝英義」

 10月1日(火)~開催中<常設展示室第7室>
 幕末に川越藩の刀工として活躍した藤枝英義の刀や
 短刀など5口を展示します。

美術展示「うた詠む人々」
  10月8日(火)~12月8日(日) <常設展示室 第4室
   日本には古くから“うた”を詠む文化がありました。
  その代表的なものである和歌と俳諧は、いずれも日本の四季と
  豊かな風土を背景に、日々の生活を芸術に昇華させたものです。
  この度の特集では、そんな“うた”にまつわる美術品を紹介します。
   
    「岩佐又兵衛筆 三十六歌仙額 在原業平朝臣」
  (重要文化財、川越市 仙波東照宮蔵)

特集展示「渋沢栄一と埼玉の近代」
  4月23日(火)~10月20日(日) <常設展示室 第9室
   ※ 新一万円札の顔決定につき期間延長します!※
  現在の深谷市に生まれ、日本近代化の父と称される実業家、
   渋沢栄一(1840~1931)の生涯とその業績を、当館の収蔵資料の中から
   紹介します。  ※展示資料一覧はこちら

歴史特集展示「戦争と学校」
 7月23日(火)~10月20日(日)<常設展示室 第9室>
  子どもたちは「少国民」と呼ばれ、教科書にも兵器や戦闘が描かれた時代。
   すべてが戦争優先で、人々が苦しい生活を強いられていた戦時中の学校の
   様子を紹介します。 

コラム展示「神楽」
 7月23日(火)~12月8日(日) <常設展示室 第10室
  神様に歌や舞を捧げる「神楽」になくてはならない道具が、神楽面です。
     コラム展示では、埼玉県で使用・製作された神楽面を中心に展示します。
     狐や河童、桃太郎の犬・猿・雉などかわいらしい動物たちの面もご紹介します。 
  
常設展示室のご案内

※施設管理上、季節展示室 竹林(屋外)への立ち入りはご遠慮いただいております。
 ご了承くださいますようお願いいたします。
 
    ・・・休館日
 

収蔵資料データベース

埼玉県立の博物館施設収蔵資料データベースへ
※データベースサーバに接続しにくい場合があります。
ご不便をおかけし申し訳ございません。
 

注目コンテンツ

スタッフブログ 
 

所在地・お問い合わせ先

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
Tel: 048-645-8171(学芸)
        048-641-0890(管理)
Fax:048-640-1964
 

copyright (c) 2010 Saitama Prefectural Museum of History and Folklore All rights Reserved.  当サイト内の画像等の無断利用を禁じます。