English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
美術展示室(常設展示室第4室)
美術展示「観仏三昧」

 「観仏三昧」とは仏教用語です。
 すなわち、「仏の姿を心の中に想い浮かべること」を意味します。 
 今年の夏は、心静かに博物館で 〈観仏三昧〉してみませんか。



(常設展示室第4室)

 
主な展示品
  
●主な展示資料
 ・木造如来形立像(当館蔵)
 ・鉄造阿弥陀如来立像(羽生市天宗寺蔵)
 ・木造男神倚像(当館蔵)
 ・円空作阿弥陀如来坐像(さいたま市満蔵寺)
 ・円空作十一面観音立像・善女龍王立像・善財童子立像(さいたま市谷下自治会蔵)
 ・十二天屏風(行田市長久寺蔵)                          ほか

  ※「十二天屏風」は7月7日(日)まで展示します。
    仏像の展示替えはございません。
 
●会期

令和元年6月18日(火)~令和元年9月1日(日)
 休館日:月曜日(祝日を除く)
 ※会期中、展示替をします。
 第1期 6月18日(火)~7月7日(日)
 第2期 7月 9日(火)~8月4日(日)
 第3期 8月 6日(火)~9月1日(日)


 
 
●観覧料(展示室内)
・常設展観覧料 一般300円、高校生・学生150円
  (20名以上の団体、一般200円、高校生・学生100円)

・中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人を含む)は無料


 
●問い合わせ
埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964