English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
トップページ > 収蔵資料> 収蔵資料紹介 

 
  ベストコレクションとは、常時公開できない貴重な収蔵資料を紹介するページです。
 
 
 ギャラリーとは、収蔵資料の中からテーマを定めて紹介するページです。 

 今回は押絵羽子板をとりあげます。押絵羽子板とは、人形など様々な形に切り抜いた台紙に綿を乗せ、布でくるむ押絵細工で作った羽子板のことです。

 押絵羽子板は、江戸時代の文化文政期(1804~1830年)に作られるようになりました。当初は福の神、松竹梅などが題材となっていました。やがて庶民の最大の楽しみであった歌舞伎の俳優が題材にされるようになると、歌舞伎人気と相まって爆発的に売れるようになりました。

 羽子板は「不景気や不幸を跳ね飛ばす」といった意味合いを持つ縁起物です。人々は歳末の市で翌年の幸福を願って、これらを買い求め、また、女の子誕生の際には、初正月に贈りました。

 もともと押絵羽子板の多くは、東京、特に浅草や本所で作られていましたが、関東大震災・第二次世界大戦に伴い、東京の職人が春日部、所沢に材料を求めて、あるいは疎開を兼ねて移り住んだことから、埼玉県内でも大きな産地ができたのです。

 木地師・裏絵師・面相師・押絵師の分業によって作られる羽子板は、工芸的な面白さと美術的なセンスに富んだ細工物です。職人たちの粋を集めた技術の高さをご堪能ください。

このページに紹介している収蔵資料は常時展示していません。
 
COUNTER33150