English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
トップページ > 展示案内> 特別展・企画展> 過去の特別展> 特別展 円空 こころを刻む -埼玉の諸像を中心に- 

 

●展示概要

 
        
   
 江戸時代初期、美濃国(現岐阜県)に生まれた円空は、各地を巡り歩きながら、数多くの仏像や神像を刻んだことでも知られています。

 仏師が経典の規範に則って製作したものとは違い、素朴で自由な造形の円空の作品は、人々に親しまれ、信仰されてきました。迷いのない力強い直線的な造形と、簡潔な彫りの中に浮かぶ慈愛に満ちた表情をもつ円空仏は、現代を生きる私たちを魅了してやみません。
 
 昭和63年に当館が特別展「さいたまの円空」を開催してから23年が経ち、この間に確認された像も少なくありません。岐阜県や愛知県に次いで数多く確認されている埼玉の円空仏を一堂に会し、円空がこの地に残した思いを探ろうとするものです。
 
 

●開催日時

平成23年10月8日(土)~11月27日(日) 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時00分まで)

休館日 月曜日(10月10日及び11月14日は開館)

 

●主催

埼玉県立歴史と民俗の博物館
 

●会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室
 

●後援

朝日新聞さいたま総局・FM NACK5・埼玉新聞社・産経新聞さいたま総局・テレ玉
東京新聞さいたま支局・日本経済新聞社さいたま支局・NHKさいたま放送局
毎日新聞さいたま支局・
読売新聞さいたま支局
 

●観覧料

一般600円、高校・学生300円
中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳等をお持ちの方は無料です。
 

●主な展示資料

 
 

●関連事業


■関連事業1 記念講演会 「埼玉の円空仏」
  日時:平成23年10月30日(日) 13時30分~15時00分
  講師:林 宏一氏 (埼玉県文化財保護審議会委員)
  会場:当館講堂
  定員:150人
  費用:無料(特別展観覧の場合は特別展観覧料が必要です)
  申込:下記のいずれかの方法で申込み。応募者多数の場合は抽選となります。※9月1日(木)から受付開始
      ①往復ハガキでのお申し込み
       往信裏面:住所・氏名・連絡先 返信表面:住所・氏名 を明記のうえ、
       当館特別展記念講演会係まで
       10月10日(月)締切。消印有効。ただし、1枚につき1人のみ
      ②電子申請の場合
       10月10日(月)締切。
       

    
■関連事業2 展示資料の列品解説  
  日時:①平成23年10月9日(日) 〈ミュージアムトークと共催〉
      ②平成23年10月23日(日)
      
③平成23年11月3日(木・祝)
      
④平成23年11月14日(月・県民の日)
      ⑤平成23年11月27日(日)      
      いずれも13時30分~14時00分 
  ※事前申し込みは不要です。特別展観覧料が必要です。
     ※応募者多数のため公開抽選を下記のとおり実施いたします。
     日時:10月14日(金) 11:00~
     場所:当館 エントランスホール
 
 
  好評のため追加で解説を行います
   13日(日)11時30分
     14日(月)11時30分・13時30分
     26日(土)11時30分
     27日(日)11時30分・13時30分

   11時30分からのものが臨時(追加)です
 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964