English 体中文 繁體中文 한국어
 
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 
トップページ > 展示案内> 常設展> 新編武蔵風土記稿と文化財 
美術展示室(常設展示室第4室)
美術展示「新編武蔵風土記稿と文化財」

 常設展示室第4室(美術展示室)では、9月4日(火)から10月28日(日)まで「新編武蔵風土記稿と文化財」を公開します。
  『新編武蔵風土記稿』には県内に所在したさまざまな文化財が
記録されました。そのなかには、現在、国宝・重要文化財や埼玉県指定文化財に指定されたものもあり、歴史学・美術史学の参照
すべき文献の一つとなっています。
 今回の特集では、『新編武蔵風土記稿』に記録され、現在まで
伝わる文化財を紹介します。

 

●会期

平成30年9月4日(火)~10月28日(日)  開館時間  9:00~16:30(観覧受付は16:00まで)

前期:平成30年9月4日(火)~9月30日(日)
後期:平成30年10月2日(火)~10月28日(日)

休館日:月曜日(ただし9月17日、24日、10月8日は開館)
      館内消毒期間(9月10日(月)~11日(火))

 
 

●主な展示資料


   
 

新編武蔵風土記稿 版本・版木
重要文化財 大般若経(高麗神社蔵)
小水麻呂願経(当館蔵)
重要文化財 三十六歌仙額(仙波東照宮蔵)
  前期:斎宮女御・小野小町
  後期:僧正遍昭・素性法師
重要文化財 高野丹生明神像(法恩寺蔵・前期展示のみ)
重要文化財 阿弥陀如来二比丘像(法恩寺蔵・後期展示のみ)
埼玉県指定文化財 源氏車紋鞍(当館蔵・甘棠院伝来)
埼玉県指定文化財 鰐口(歓喜院蔵)
埼玉県指定文化財 紵糸斗帳(歓喜院蔵)

 

●観覧料(展示室内)

・常設展観覧料 一般300円、高校生・学生150円
  (20名以上の団体、一般200円、高校生・学生100円)

・中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人を含む)は無料

 

●問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL 048-645-8171  FAX 048-640-1964